書家 齋藤兆仙

運動会にて

こないだの週末、子どもの部にきている子達の運動会に行ってきた。

きっかけはレッスン中の何気ない会話。

「今度運動会あるんだー」

「へぇー、運動会かぁー。懐かしいなぁー。」
「何やるの?」

「ソーラン節!」

「かっこいいねー!」
「背中に文字書くの!?」

まんまと行きたくなってしまった。

そんないきさつがあって、運動会へ。
教室にはいろんな学校から生徒さんが来ている為、全ての運動会には行けない。
だから一番近くの学校へ。

ごめんね。。

炎天下、気温32℃。
5月にして記録的な猛暑。

ずっとビデオカメラを回すご家族の方々ご苦労様ですと、
自分も親になった時はその姿勢見習いたいと心に誓いながら思うのです。。

とはいえ子どもの時以来の運動会。
記憶が蘇り気分も高鳴ります。

普段教室では見られない表情の子ども達、眩しいな。

学校の先生達はこれが醍醐味なんだろうな。
自分もちゃっかり元気をもらい帰って来ました。


最後まで1人だけ見つけられず、、

熱中症対策のバンダナとても大切です。
ただあれで顔が全然分からなくなる、、。


来年はどこにいるか聞こうかな。

Copyright © 2018 書家 齋藤兆仙 公式サイト All Rights Reserved.