書家 齋藤兆仙

モジノコエ 2020

お手本も正しい書き方もない、テーマは「自由に書く」。

もっと文字に興味をもって、感性を伸ばしてもらいたい。
そんな想いから約3ヶ月に1回、教室で取り組んでいる自由に書くというカリキュラム。

少し変わった書道展を今年も開催いたします。




去年は野川公園に展示して色々な人に見てもらいました。
ですが今年はコロナの影響で展示を見合わせることとなりました。その代わりネットで開催する事にしました。

子どもたちの作品もコロナを意識した字が多く、今を表すものとなりました。


文字にこめられた子どもたちの声をお楽しみ下さい。



「外」
外出できていないから
「犬」
犬を飼えたらいいな
「こはる」
好きな友達の名前
「キッザニア」
夏休みに遊びに行くので
「斐」
名前から一文字
「炎」
カッコイイ好きな字
「へび」
へび年なので
「山」
学校で習ったばかりの好きな字
「夏」
夏休みから一文字
「天」
天の川から一文字
「かれ草」
教室でいっぱい練習したから
「一週間」
学校で習ったから
「和」
和室に飾る用で書いた
「部屋その1」
部屋に飾る用で書いた
「昔」
習っていないけど調べてきました
「時間」
好きな字
「蒼」
名前から一文字
「奈落」
漢字テストに出てきたので
「花火」
好きな言葉
「思う」
「思う」ことが好きなので
「元」
元気が好きだから
「弟」
自分の弟に向けて
「光り」
コロナで先の見えない世の中に光を
「花」
可愛くてイイ匂いがするから
「病」
コロナがまんえんして身近に感じるから
「休」
まもなく来る休みが楽しみ
「勝つ」
コロナやそれ以外に勝ちたい
「給食」
学校で楽しみなもの
「炭」
好きなキャラクターから一文字
「鬼」
好きなマンガから一文字
「字」
字の練習をしているから
「見」
自分の名前から一文字
「マスク」
今必要な物だから
「コロナ」
早く終わるように願いをこめて
「しょうしゃる」
ソーシャルディスタンスを守ろう
「あまびえ」
疫病退散をこめて

Copyright © 2018 書家 齋藤兆仙 公式サイト All Rights Reserved.